b型肝炎の予防接種のメリットは?自費なの?

日本人のB型肝炎ウイルス保有者(キャリア)は、およそ150万人とされており、様々な感染経路で知らず知らずのうちに感染することがあります。また母子感染といって、キャリアの母が分娩した際に生まれてくる子供が感染することもあり、子供への予防が取り組まれてきました。

今回はB型肝炎の予防接種について、そのメリットや自費負担かどうかなど、役立つ情報をお伝えします。


B型肝炎ってどんな病気?

B型肝炎とはウイルスによって起こる病気です。B型肝炎ウイルスに感染した人は急性肝炎、慢性肝炎などに進行し、時に肝硬変や肝臓ガンなどに発展することもある怖い病気です。血液を介して感染するので、従来の検査体制が確立されていない時期の輸血、集団予防接種での注射器の使いまわし、B型肝炎に感染している母親の出産時の子への感染など、さまざまな感染経路が存在します。

成人になってからもコンドームを使わない性行為や覚せい剤使用時の注射器、入れ墨の器具などを通して感染することがあります。B型肝炎ウイルスに感染しても、多くは無症状で経過しますが、2~3割の人は急性肝炎を発症します。

まれに死亡する危険もあるほどに重症化した劇症肝炎に移行することがあります。また、ウイルスはそのまま持続感染といって体の中に潜伏して、慢性B型肝炎をひき起こしたり、徐々に肝硬変や肝臓ガンへ移行していくことがあります。

キャリアと呼ばれるウイルス保持者が無自覚のうちに感染を拡大させることもあり、東南アジアやアフリカでは感染者が人口の8%を上回る地域もあります。

B型肝炎に罹ったら

B型肝炎ウイルスに感染すると、潜伏期といってウイルスが増殖して症状が出るまでに時間がかかります。潜伏期は70~90日ほどと言われており、多くは無症状の不顕性感染で終わります。症状が現れる顕性感染になると初期の症状で倦怠感や疲労感、食欲低下が続きます。

風邪でもひいたかと思っていると、嘔気や嘔吐、腹痛が出現し、肌の色が黄色くなって黄疸が出てきます。ビリルビンという物質が肝臓で処理できなくなったために黄疸が出てくるので、このサインがあれば肝機能が低下し肝炎が起こっていることになります。

B型肝炎ウイルスに感染している母親の産道を通ってきた赤ちゃんが感染することもありますが、赤ちゃんの場合は初期の症状がわかりにくいです。

ただ、小さいころに感染したB型肝炎ウイルスは持続感染の状態になることが多く(1歳未満では90%が持続感染状態に移行)、後に肝硬変や肝臓ガンに移行していきます。そのため、赤ちゃんに対するB型肝炎ウイルスの予防は大事なのです。

経産道感染の場合は、血液になるべく触れないようにするために帝王切開で出産させ予防することがあります。

選択的帝王切開といって、HIVやC型肝炎ウイルスなどのワクチンで予防できないウイルスではその方法が取られますが、B型肝炎ウイルスはワクチンが存在するため、必ずしも帝王切開を選択しなくてもいいです。

B型肝炎ウイルスが心配になったら

過去に集団予防接種や輸血、また誤った注射器の使用や入れ墨などでB型肝炎が心配になったら、検査でB型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを病院で調べることができます。B型肝炎ウイルスが現在活動しているかどうか、過去に感染したキャリアであるかどうかは血液検査でわかります。

これはB型肝炎ウイルスの抗原と抗体のパターンを調べることで、肝炎ウイルスが活動しているのか、キャリアになっているのか、ワクチン接種後なのか、といったことがわかるのです。急性期にはこれらのパターンを調べるとともに肝逸脱酵素の値やB型肝炎ウイルスのDNA量を測定することで、B型肝炎の勢いを測定できます。

B型肝炎に感染し急性肝炎になってしまったら、基本的には安静にして嵐が過ぎ去るのを待つのですが、重症化する恐れがあるならウイルスを沈静化させる治療が行われます。

B型肝炎ウイルスの感染から身を守るワクチン

B型肝炎ウイルスにはワクチンが存在します。医療従事者などはウイルス保持者と接触する機会が多いため、ワクチン接種をしないと入職できないことになっています。少なくとも15年間はワクチンによって免疫が獲得されます。

注意点としてはワクチンを接種する時の年齢が上がると、免疫が獲得されにくいということです。感染する機会が多い成人になってからだと、ワクチンを打っても免疫が出来ない人がいるのです。それに比べると小児期はワクチンの効果が得られやすく、B型肝炎ウイルスの持続感染を防ぐことができるため、現在では生まれて2か月目からのワクチン接種が任意ではなく定期接種に組み込まれることになりました。

接種料金は1回5000円ほどですが、赤ちゃんの定期接種であれば地方自治体からの補助が付きますので、一部の自己負担のみで打つことが出来ます。

オカルトb型肝炎ウイルス感染と化学療法の関係

ワクチン接種はどうするの?

B型肝炎ワクチンは母親がB型肝炎ウイルスのキャリアかどうかで接種スケジュールが変わってきます。B型肝炎ウイルスを持っていない母親から生まれた赤ちゃんであれば、接種のスケジュールは生後2か月目から1歳になるまでに3回接種します。

この時期は他のワクチンもたくさん打たなければいけないので、基本的に同時接種となります。接種しないまま1歳を超えると、任意接種になり余計なお金を払って打たなければならなくなるので、ワクチン接種については地方の保健所からの案内やかかりつけ医の小児科に相談しましょう。

B型肝炎ウイルスのキャリアの女性が出産した赤ちゃんの場合は、赤ちゃんに感染しないために特別なスケジュールでワクチンを打たなければなりません。出生して遅くとも48時間以内にB型肝炎ウイルスに対する免疫グロブリンという製剤を投与します。

ワクチン接種は生後半年までに3回接種します。その後のスケジュールはB型肝炎ウイルスの抗原と抗体を調べながら追加接種が必要かどうかを判断します。

B型肝炎ワクチンはガンを防ぐ

B型肝炎ワクチンが定期接種に組み込まれたため、今後この病気に感染する人は劇的に減っていくことが予想されます。そうなると、急性期に劇症肝炎で亡くなる人は減り、また、肝臓ガンを予防することにもなるため、増大した医療費による国の財政の圧迫や人的資源の喪失を防ぐことができます。

なによりガンなどの病気という悲劇から身を守ることが出来るのです。自分の子供を守るために、ワクチンの定期接種は忘れずにしましょう。